ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして エロ漫画

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましての第3話「温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜」のネタバレを無料で公開中!翌日、しばらく匿うことになったナナとお風呂に入ることになって…

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして エロ漫画 > ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして【3話】ネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましての第3話「温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜」のネタバレを無料で公開中!翌日、しばらく匿うことになったナナとお風呂に入ることになって…

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして:3話の無料ネタバレ

第3話「温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜」の無料ネタバレとなります。


翌朝


「魚なんて久しぶりに食べた」

魚にご飯、味噌汁という健康的な和食だ。

「おいしい」

「本当はあなたの朝ごはんなんでしょ?」


「そんなこと気にしなくていいから」

「会社行ってくるから、その間に今後のこと考えといてよ」


「もう決めた」


「…しばらく、この家に置いといてほしい…」


「親のところにも警察にも行きたくないから」

「その代わり、何か出来ることはやっておくから」


「あなたがよければだけど…」


「そうか…」

「俺はいいけど、それから一緒に今後の事を考えよう」

そう伝えて石川は会社へと向かう。

もしかしたら金目のものを盗まれてしまうのではないか。そんな心配もなかったわけではなかった。

しかしナナは、掃除や洗濯など、家のことをしっかりこなし、石川の帰宅を待っていてくれるのだった。


そして石川がお風呂に入ろうとすると、ナナも服を脱ぎついてくる…


「別に身体まで洗ってくれなくても」

「本当はやらせるつもりだったくせに」

「住ませてるならこれくらい当然だと思ってるくせに」

またこのパターンだ。


「しないならしないで心の中で文句言うでしょ」

「そういうの好きじゃないので」

結局、ナナの気が済むようにヤラせるしかない。


「こことかも」

ナナは石川の陰部付近を刺激する。

「ひっ!」

思わず声をあげてしまう石川。

そして肉棒は元気になっていく。


「また立ってきた」

「ヤッてほしいってことでしょ」


「その辺触られると立つのが普通だって…」


チャカチャカチャカ…

慣れた手つきでシゴいていくナナ。


「こことか、ほら、乳首とかも…」


「があ…っ!」


シゴかれながら反対の手で乳首攻め…

ここはソープなのか、石川は変な声をあげてしまう。


「待て待て待てっ…で、出るぅぅっ!」


びゅるるるうぅっ!!


しゃー!!

石川が射精し、それをシャワーで流すナナ。



「まだ立ちそうですね」

「いや、今日はもういいって」

「いえ、やりますよ」

「心の中で文句言われるの嫌なので」


風呂椅子に座った石川の上に跨り、挿入するナナ。

ナナ主導で腰を振り、ご奉仕が始まっていく。


「いつ出すんですか?」

「…え?じゃ、じゃあ今で」


ズチャズチャズチャ!!


「ぐっ…」


ナナは急に締め付けを強くして、腰の振りを早めていく。


「くっ…出そうっ!出るぅ!」


ドプドプ…


「はあはあ♡」

「これでいいですか?」


「他にやりたい姿勢はありますか?」

「いや、もういいって、君も息があがっているじゃないか」



その後、ナナも身体と髪を洗いたいと言うので、石川は手伝ってあげようとする。


「自分でできますので」

「恩着せがましくされたくない」

「そんなつもりじゃ」


「あなたはもう出てもいいですよ」

「後は勝手にお風呂場を使わせてもらいますので」


「やるよ、髪これだけ長いと大変だろうし…」


パシンッ!!!


「だから、これくらい自分で出来ますって!」

ナナは石川の手を強くはじく。


恩を売りたくないナナは強く抵抗しようとしたが、石川は彼女のためを想い、シャンプーを始めていく。


わしわしわし…


「勝手にやってるだけだから、気にしなくていいからね」

「なら、別に恩を感じなくてもいいですね…」



「夜ご飯、何食べる?」

「…パスタとか」


ナナの凍りついた心が、少し解けたような感じがした。

 
■更新情報

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして【4話】ネタバレ